スペシャル

ミニミニ開運術 其の三十三
梅雨直前はここ! 日本橋で運気アップのポイントをめぐろう

日本橋といったら、まず何を思い浮かべるだろう。
日本橋は、皇居から見て東側にある一番大きな街。
東は、元気を司る場所だと考えるのが風水の基本です。
日本橋三越の食品売場では、一番新しい旬の食べ物が、一番に棚に並びます。
じゃあ旬の食べ物は、本来、何のためにあるのかというと、
自分の体に喝を入れるためにあると風水では考えています。
人間は寂しくなったときが、一番不安になりやすいもの。
そうすると心と胃袋は、寂しくならないために旬の食べ物を食べようとするらしい。
悲しい話題や、不安を煽るニュースも続く今年。
つい気分が沈みがちになるけれど、
5月の末は、旬の食べ物を楽しく食べるということをテーマにして、
ひとつ自分を勇気づけてみてはどうでしょう。

人間誰しも、寂しくなると不安になる。
不安になると実力が発揮できない。
そうすると、いつもできていたことすらできなくなる。
人間はどうしても不安に惑わされてしまうものだから、
そんなときは一息ついて、旬の食べ物を食べて気持ちを落ち着けよう。

それから梅雨の準備をそろそろするといいよね。
今年の梅雨は少し長い傘を持とう。長い傘っていうのは人間関係を引き寄せてくれる。
もちろん防水のレインコートもいいし、長靴もいいし、鞄もいいと思う。
元気がでないときは、明るい色のものを着よう。
今年は思い切って、白いものを着たり、
明るいブライトカラーを身につけてみるといいかもしれない。
日本橋三越なんかに行けば、きっとぴったりのレイングッズが手に入るはず。

日本橋は物事を始める場所だから、6月から何を始めようかって考えながら過ごすといい。
ちなみに僕は、6月から習い事を始めようと思っています。
次回は、習い事について話そうかな。
それでは、またね。

梅雨を乗りきる元気運 UP!!