スペシャル

ミニミニ開運術 其の三十二
新生活シーズンに活用したい風水!日本橋で新しい出会いがある!?

三月は別れの季節でもありますが、「別れることで新しい出会いがやってくる」という風水があります。

靴箱やクローゼットを想像してみてください。パンパンに詰まっている靴箱やクローゼットには新しい洋服はかなりの無理をしないと入りませんが、少し整理整頓されていれば、すっと気持ちよく収納することが出来ます。

無理に整理をすることはなく、季節が環境を変えることで自然と人間関係やしがらみなどが変化するのです。

この波を上手に使うと、自分自身を新しく生まれ変わらせることが出来ます。

人間関係もほんの少し、空気が通るようにすることで、新しい風(縁)が入ってきます。この風が吹き込んでくると、いままでの流れと違う新しい運気が生まれ始めます。

この運気を捕まえるのが上手な人が、「人間関係に苦労をしても楽しめる人」。風水では人の世の悩みに限りはないと考え、中でも人間関係は「苦労のし甲斐がある」財産だと考えます。

古くからお侍さんが月代(さかやき)にしていたり、お坊さんが髪を剃ったりすることは人間関係を清める、苦労を共にしてくれるという意味もあります。
人間関係の新しい波を活用するためにもほんの少し毛先をカットするのがお勧めです。

申年になり、三か月があっという間に過ぎました。世の中は大変な速さで動いていますが、一つだけわかることがあります。
それは運は「一歩前に」進める勇気のある人のところに戻るということです。

四月から一歩前に進むための風水を一緒に行いましょう。
今週は、とにかく日本橋でお茶を飲みながらファッションやカタログ誌を読んでください。最後は原始的な欲が僕たちを救ってくれます。

さぁ、始まりの街 日本橋で始めましょう。

快調キックオフ運 UP