創刊号 vol.01
手みやげのすすめ vol.1
ニホンバッチ 日本橋で手みやげ選びを手伝うハチ
榮太樓總本鋪 日本橋まんじゅう 1個 108円
金鍔もいいけど、大勢に配るならこちらもおすすめ

大勢の商人や漁師でにぎわった、日本橋の魚河岸。活きの良い鮮魚を江戸中へ届ける、ここはまさに江戸の台所でした。早朝からきびきびと働く若い衆たちが疲れと小腹を満たすのに、榮太樓總本鋪の金鍔やまんじゅうは大好評だったといいます。

日本橋まんじゅうは、そんな江戸っ子の新し物好きな気風を感じさせる一品。皮は、バターや卵、練乳で作られ、まろやかな口当たり。中はミルクあんで、優しい甘さが特徴です。皮とあんが一つになって、まるで口の中で溶け込むような味わいを楽しめます。

和菓子でありながら、洋菓子のようで、これならきっと現代の江戸っ子たちにも喜ばれそうです。賞味期限が60日と長めなのも、嬉しいポイント。日本橋ならではの手みやげを、オフィスで働く人のおやつに、またお子様へのおみやげにいかがでしょうか。

榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ) 日本橋本店

中央区日本橋1-2-5 TEL:03-3271-7785 9:30~18:00 日・祝休み
http://www.eitaro.com/

日本橋三越本店 本館 B1Fでも購入可能です

本 秀康
1969年京都生まれ。1996年漫画家デビュー。レコードコレクターとして知られ、代表作の「レコスケくん」は音楽誌に連載。雑誌・書籍の表紙、CDジャケットのイラストも多く手がけている。
[公式サイト]http://www.recosuke.com/ [公式ツイッター]https://twitter.com/motomotohide
●本秀康先生が主宰するレコードレーベル「雷音レコード」 http://rhion.jp/
ニホンバシーモ 創刊号 vol.01